杉井 様 フィノちゃん(E・コッカー・スパニエル ♀)

杉井 様 フィノちゃん(E・コッカー・スパニエル ♀)
「ピンポーン」 
「ワーイ 先生が来た?!!」
飼い主の「マテ」も聞かずに飛び出して行く愛娘フィノ!
脇目も振らず先生に抱っこ。
普段なら扉を開けても「マテ」の声でお座りしているのに…。
「先生のこと大好きなんだね。ママよりも…」ちょっとショック。
週3回の風景。
8ヵ月前 我が家にやって来たE・コッカーの女の子フィノ。 手のひらに乗るくらいの小さな子。 チョコンと座っている姿はまるで天使のよう。
ところが天使は見る見るうちに小悪魔へと変身して行ったのです。
我が家ではドーベルマン、F・コーテットレトリバーの大型犬やミックスの中型犬、小型犬のポメラニアンと様々なサイズの犬と生活を共にして来ました。E・コッカーなどの中型犬なんて、どうにでもなると高を括っていました。 
いざ暮らしてみるとゴハン中 傍によると「ウー」 好きなオモチャを持つと「ウー」 お気に召さないと「ウー」 自分の力を誇示する様に甘噛みもエスカレート…。
ブリーダーさんの言葉を思い出しました。
「E・コッカーは悪魔のサイズ。 大型犬なら飼い主も気合を入れて躾けるが10キロ前後のサイズは躾けより甘やかす方が先になってしまうよ」 まさにその通り! 
結果、飼い主がノイローゼ気味に…。  
そんな時に救いを求めたのが知人のブログで目にした「磯山ドッグスクール」でした。 
カウンセリングを受け、すぐにパピートレーニングを開始。その効果は絶大!
やっぱりウチのフィノはお利口かな?  
しかしフィノは手を変え品を変え、チャレンジして来て私達を悩ませました。
そのたび先生へのヘルプの電話。的確な対処方法や飼い主の心までケアして頂き安心する事が出来ました。
フィノは気が弱く神経質で外面の良い内弁慶な性格。特に家族の前では気性の激しさを出す子だった為、トレーニングは先生任せだけで無く飼い主による家庭でのトレーニングも欠かせないものでした。
その性格に合わせたトレーニングは、時には厳しく(涙) でも褒める事や遊んであげる事は忘れませんでした。
「先生の言葉を信じ!!」
トレーニングを始めて6か月、小悪魔フィノが少しずつではあるものの天使に変わりつつあります。
トレーニングは先生と犬・飼い主、3者がお互いの信頼関係を築く事で良い結果に結びつく事と感じています。
これからもフィノ・飼い主共々宜しくお願いします。