峰岸 さま デンボくん(トイ・プードル ♂)

峰岸 さま デンボくん(トイ・プードル ♂)
デンボの悩みは散歩中に他の犬や気配などに吠える事…ギャン飛ばし犬と呼んでいました。とても臆病な性格です。
外で吠える事…これは主人と私にとってはとても苦痛な事でした。
吠えられた相手は気分が良いものではないでしょうし、突然吠える声に他の人や子供が驚き、それがワンコ嫌いに繋がっても…などと思いなんとかしたいと思っていました。
更に前に飼っていたワンコとは毎週末どこかに出かけ、それが主人のストレス解消にもなっていたのでデンボとも前のワンコと同じ生活が出来るようにしたいという思いがありました。

吠えは5ヶ月を過ぎた頃から始まりました。
前のワンコはほとんど吠える事なく、ある程度自分たちのしつけの成果でとても良い子だったのだと思っていた考えは見事に打ちのめされました。
それは単にワンコの資質が良かったせいでした…。
本を読んだり、インターネットを見たり、効果音のCDを聞かせたり…思い悩んでいた時に友達から「友人のワンコの吠えが治った」と言うトレーナーさんの話を聞き、藁にもすがる気持ちで自宅に来ていただいてのトレーニングを始めしばらく続けました。
ある程度の成果はあったものの、なかなか吠えは無くなりませんでした。
基本、性格は変わらないだろうし教えていただいた事を実践し、焦らず気長に様子をみようと思い一旦トレーニングは止める事にしました。

ある時、同じマンションのトイプードルの飼主さんから磯山先生の事をお聞きしました。
その方は以前、要先生がお一人でやっていた磯山ドッグスクール時代にワンちゃんを訓練していただいていた方でした。(このお客様の声にも書いていらっしゃるQちゃんの飼主さんです)
お話しを伺うと先生がある程度のトレーニングの形を作って下さった後に飼主とのトレーニングをするので、とても良かったと言うことでした。
HPを見たところ、分かりやすく説明され整った構成、ワンコ達の楽しそうでかわいい写真がいっぱい、ブログも頻繁にアップされていて、とても良い印象でしたから是非お願いしたいと思いました。
お電話をしたら、ご結婚されてユナイテッドになり我が家からはだいぶ遠くワンコも増えてお忙しいようでしたが、Qちゃんの紹介ということで受けて頂きました。

カウンセリングでの先生のお話にはなるほどと思える事が多く、前のトレーナーさんとは違った形で進めていただけるようだったので直ぐにお願いする事を決めました。
最初6回は先生に迎えに来ていただいての訓練でした。
ケージに入っているとは言え他のワンコ達と一緒の車に乗り、知らない場所での訓練、初回はガチガチに緊張していたようです。
その後は週に2回はお迎え訓練、1回は飼主と一緒の合同練習。
まずはボディーコントロール。ある程度出来ていると思っていましたが不十分でした。
しっかり服従させなくてはいけない事を学び、その後の合同練習は先生との訓練で基本的な事が随分出来るようになっていたのでスムーズでした。
前のトレーナーさんとはすぐに一緒のトレーニングだったので飼主がノウハウをマスターするのが難しく、トレーニングに慣れていないデンボとはなかなか成果があげられませんでした。

デンボの場合、吠えるのは性格もあるが飼主への甘えが強い為…と言う先生のご指摘。
デンボは吠えてはイケナイと言うのは理解していたようですし飼主に叱られても何とも思っていない、飼主が守ってくれるかどうか分からないから先ずは自分でどうにかしなくては!…と言う感じで吠えていたようです。
トレーニングでは飼い主がしっかりとしたリーダーになる、吠えたら飼主に叱られる、飼主に叱られたくないし嫌われたくない、でも吠えずに我慢が出来たらすごく褒めてもらってオヤツまでもらえる…と言う感じ。
私達が実際に吠えに対するトレーニングを始めたのは、だいぶ経ってからでしたが吠える事への対処も先生が先に訓練をして下さっていたため、それ程時間がかからずに随分我慢が出来るようになりました。
要先生は訓練を始める前から、チョークチェーンを使用し吠えたらショックを使う…と言う方法はできるだけ避けたいとおっしゃいました。
素人が慣れないうちに上手く使用出来ずにワンコが痛みに慣れてしまったり、力加減も分からずケガをする可能性もあるとの事でした。
前のトレーナーさんはその方法を取っていたので小型犬であるデンボの身体や繊細な性格を考えるとあまり使いたくないと思っていたので、それ以外の方法でここまで出来るようになった事はとても嬉しい事です。

6月半ばに始まったトレーニング、暑い時期でもありましたがデンボは元気に頑張りました。
他のワンコとも楽しく遊んでいたようです。
訓練が始まる前から犬に慣らせようと色々なドッグランに行っています。
不思議な事に以前からノーリードのドッグランではほとんど吠えず、大型犬にも怖がらずに自分から近付きます。
楽しいのが先立って怖いのを忘れてしまうのか!?基本的には犬が好きなのでしょう、と先生がおっしゃいます。
とても楽しそうに他のワンコと走り回ります。その中で注意を聞いて落ち着く事も呼び戻しも出来るし、遊び方も上手だと良く褒められます。
これもスクールでたくさんのワンコと遊ぶ経験をしていく中での先生の指導があっての事と思います。
今は声かけをしながら吠えずに我慢しているという状態ではありますが、トレーニング前と比較したら考えられないような進歩です。
避けていた犬の多い公園、ワンカフェなども何回もトライしています。
何より飼主の気持ちが前向きになっています。
これからもトレーニングを続けてデンボが物怖じせず散歩が出来るようになり、飼主ものんびり歩けるように頑張ろうと思っています。