米倉様 陽ちゃん(ミニチュア・シュナウザー ♀)

米倉様 陽ちゃん(ミニチュア・シュナウザー ♀)
2016年7月に生まれたミニチュアシュナウザーの女の子、陽(はる)ちゃんが我が家に来たのは、2016年9月末のことでした。
 
お正月を過ぎたころから自我の芽生えとともに警戒心ばかりが強くなってしまい、何に対しても吠えまくり・・・体に合わせて首輪やハーネスを買うにもペットショップで静かに過ごすこともできず、試着もできない有様。
 楽しみにしていたワンコ連れでのお出かけも、いつになったら出来るのやら先行きの不安も大きくなっていました。
 さすがに社会性を身につけるため、「犬の幼稚園」みたいなものを利用するか、一度トレーナーさんのお世話になるか・・・と考え始め、ネットで情報収集している中で目に留まったのが「Dogschool UNITED」との出会いでした。

 2017年2月末にカウンセリングで、要先生から「ミニチュアシュナウザー」という犬種の難しさや、何を教えるべきか、どのように接するべきかなど、色々とわかりやすくお話ししていただき、お話の印象や、自宅からそう遠くはないこと、ドッグランの利用もできることなどから、その場で出張トレーニングをお願いすることにしました。

実際に始まったトレーニングでは、しのぶ先生のお世話になり、服従の基礎であるボディーコントロールから始まり、基礎的なコマンドやリーダーウォークなどの、実際の生活の中ですぐに役立つ内容を、はるちゃんと飼い主の理解度に応じて順次わかりやすく教えていただきました。
少し不安だった「トレーナさんの言うことは聞くけど、飼い主には従わない」となる可能性も、飼い主と犬の合同トレーニングを良いタイミングで入れていただいたので、はるちゃんを混乱させることなく、自宅でも容易にトレーニングの復習をすることが出来、いらぬ心配だったことがすぐにわかりました。
また、子供たちにもきちんとはるちゃんとの接し方を指導していただけたので、「子供が犬になめられる」といった心配も解消できました。

トレーニングを通じて、はるちゃんも感情表現などの幅が広がり、穏やかな表情や嬉しそうな表情を多彩に出すようになり、我慢するべきことは一生懸命我慢することが出来るようになりました。

思い返せば、はるちゃんに「わかりやすい」「はっきりした」しつけが出来ていなかったと思います。そこをしっかりと整理していただき、実践的なトレーニングやレッスンを積み重ねることで、コミュニケーションが取れるようになり、それが今のはるちゃんにつながった気がします。
今では、はるちゃんとどこへ遊びに行こうかと、夢物語ではなく現実的な計画として家族で話せるようになりました。

先生方にお世話になったことで、この先楽しめる内容の幅は大きく広がり、大きな可能性を手に入れたと思います。その代償としてはレッスン料などもとてもリーズナブルだったと思います。
これからも困ったことがあれば、まずはアドバイスをいただきに行きたいと思います。これからもよろしくお願いいたします。